便秘対策によい水分の摂り方

便秘の方はしっかりと水分補給をすることが改善に良いです。

 

便秘,対策,水分

 

水分不足は弛緩性便秘(ぜんどう運動が働かず起こる便秘)や直腸性便秘の原因となる場合があります。
異常にカチカチの硬い便の方などで水をあまり飲むほうではないなあと自覚が有る方は意識して水分を摂取することで、便秘改善・対策となります。

 

便秘対策の水分補給方法

 

水分を摂るといっても飲みすぎてもよくないですしタイミングで効果が変わります。

 

1日に飲む水分量はどれくらいがいい?

便秘という点を関係なく健康的に生活するために必要な水分量があります。

 

人は通常、1日に2リットルから2.5リットルの水分を体外に放出します。
これは汗、尿、ほか排泄や不感蒸泄という自然に皮膚などから蒸発する水分などを合わせてそれくらいになるのです。
ですからその分を補う必要があります。

 

食事から1リットル程度の水分を補給すると考えても残り1.5リットルから2リットルは水分補給しなければなりませんよね。

 

また、暑ければ発汗しますし、運動でも体内から水分が失われます。

 

ですから1日に1.5リットルから2リットル程度を目安に水を飲むように心がけましょう。

 

 

便秘対策で水を飲むタイミング

まず一番は、「朝起きてすぐ」のタイミングで飲みましょう。
朝一番は体がまだ寝てる状態で内蔵も寝ている状態です。
朝イチで水分を補給することでからだに起きたよ、という合図を送ることになります。
それによって腸でもぜんどう運動をうながす合図となります。

 

 

また寝起きは寝ている間に汗など水分が排出されているので体に水分が足りない状態です。その失われた水分を補うためにも朝イチの水分補給は大切です。

 

入浴前後
お風呂やシャワーでも汗を流しますよね。失われる水分を補給しましょう。

 

運動前後
運動中は汗で水分が排出されます。運動中の水分補給はとても大切です。便秘でなくとも健康的にきちんととりましょう。

 

 

一番大切なのは体内に水分が足りている状態であるようにこまめに飲むこと、また朝イチにコップ一杯の水を飲んで体を起こしてあげましょう。

 

 

便秘対策、水分補給のコツ

あまり冷たい水を一気にのむと逆にお腹をこわしてしまったり、体を冷やしてしまいます。
お腹が弱い方なら常温の水や白湯や温かい飲み物がよいでしょう。

 

また、野菜ジュース、ココアなどを交えて飲むのもおすすめです。

 

食物繊維がたくさん含まれた飲料が多く売ってますし、
ココアは食物繊維が多く「リグニン」という整腸作用を持つ成分が含まれています。

 

ただし糖分を大量に摂取しては健康を損ねてしまいますので、適量、そのような飲み物を交えて水分補給するのが便秘対策のコツです。

 

 

おすすめ乳酸菌サプリランキング!!