便秘の種類とそれぞれの原因

一概に便秘といっても種類があります。
原因も異なります。
改善方法も異なる場合があります。

 

便秘,種類,原因

 

 

器質性便秘

大腸の形態的変化を伴う便秘です。
つまり疾患などで大腸が便が通過しづらいように変化している状態です。

 

「機能性便秘」と異なり疾患が原因によるものなので病院での診察が必要です。

 

狭窄性と非狭窄性があります。
狭窄性は狭窄により糞便の通過が物理的に妨げられることにより起こります。
原因として腫瘍(大腸がん、または副膣内腫瘍による劈外性圧迫等)、またはクローン病や虚血性大腸炎などが原因となることがあります。
非狭窄性は狭窄ではなく大腸の形態的変化で便秘となる状態です。
結腸や直腸の変化等で排便が現象、または不完全な排便となり残便感が残る状態があります。

 

 

 

 

 

機能性便秘

大腸の形態的変化を伴わずに起こる便秘で、胃、小腸、大腸などの機能低下が原因となります。
「器質性便秘」のようながんやその他疾患など病気が原因ではなく消化器官の機能低下が原因なのが特徴です。

 

一時的に起きる「急性便秘」と継続的に症状が続く「慢性便秘」があります。

 

・急性便秘

大腸のぜんどう運動が低下して起こります。
水分の不足、食物繊維の不足、ストレス性、食事量が少ないなどの場合に起こります。

 

・慢性便秘

日常的に便通がとどこおる状態が起きる慢性便秘は3タイプあります。

 

 

機能性便秘は主に3種類に分類されます。

 

弛緩性便秘

ぜんどう運動の機能低下や筋力の低下で便を押し出す力が落ちている状態。

 

けいれん性便秘

ストレスで自律神経が乱れて腸の運動が乱れて便通が悪くなる状態。

 

直腸性便秘

直腸まで便が運ばれているのに便意を感じず起きる便秘。我慢しすぎや浣腸を使いすぎることが原因。

 

 

 

 

また症状により下記の2種に分類されます。

 

排便回数減少型
排便回数や排便量が減少して、腸に便が貯まるために腹部膨満感や腹痛などの症状があります。
腸内で糞便が滞留するので硬便化して排便しずらくなる場合もあります。
専門的には「大腸通過遅延型」と「大腸通過正常型」と分類されるそうです。

 

排便困難型
排便時に直腸内の糞便を十分量、快適に排出できずに残便感を感じる便秘です。
こちらも専門的に「大腸通過正常型」と「機能性便排出障害」と分けられるそうです。

 

 

一般的に多くの方が悩んでいるのは機能性便秘がほとんどです。
機能性便秘は乳酸菌で改善されるケースがあるのです。

 

便秘に効く乳酸菌サプリ